上に戻る
Quid Monitor(旧NetBase) 資料のダウンロードはこちらから。 お電話でのお問い合わせは 03-6383-3261
2023年10月5日にNetBaseはQuid Monitorに名称変更しました
SNSマーケコラム

X(旧Twitter)分析ツールによるX(旧Twitter)分析方法・事例

X(旧Twitter)分析ツールによるX(旧Twitter)分析方法・事例

ソーシャルメディア(SNS)の普及により、SNSデータはいまやWebマーケティングには欠かせません。とくに日本ではX(旧Twitter)の利用率が高くデータ分析の対象やプロモーション手段として注目されています。
X(旧Twitter)はSNSの中でも匿名性が高く、本音を投稿しやすいため自社製品やサービスに対する率直な反響が得られやすいのが特徴です。また、反響がリアルタイムで投稿されるため、消費者の反応をほとんどタイムラグなく分析することが出来ます。
ここではX(旧Twitter)分析の方法や課題についてご紹介します。

X(旧Twitter)分析方法・分析ツール

自分が保有しているアカウントの分析はX(旧Twitter)アナリティクスツール、他社や他人、一般トレンドなどの分析はソーシャルリスニングツールが適しています。

1.自社アカウントの分析に、X(旧Twitter)アナリティクスツール

X(旧Twitter)から提供されている「X(旧Twitter)アナリティクスツール」を利用することで、保有しているアカウントの投稿やフォロワーの情報を解析することができます。その他にも下記の項目を分析することができます。

・月ごとのX(旧Twitter)統計データ
・ツイートごとの数値データ(閲覧回数、リツイート数、いいねした数、返信数など)
・ツイートアクティビティ
・オーディエンス(フォロワーの属性)
・イベント(トレンド予測)

人気のあった投稿や投稿ごとのインプレッション、エンゲージメントなどを閲覧することができます。
またオーディエンスでは、フォロワーの興味関心が高いテーマや地域、性別などの情報を分析することができます。さらに、自分のフォロワー以外のX(旧Twitter)ユーザーなどとフォロワー属性の比較をすることもできるため、自社アカウントのフォロワーにどのような違いがあるかといった分析も可能です。

X(旧Twitter)アナリティクスツールを活用すれば、自社アカウントの投稿やフォロワーの情報を日々レポーティングしたり、そこからニーズを分析することができます。
誰でも無料で使用することができ、かつレポートも充実しているため、サービスや企業のX(旧Twitter)運用担当には欠かせないツールといえるでしょう。

2.他社やトレンドの分析にソーシャルリスニングツール

他社のアカウントなど、自分が所有者ではないアカウントはX(旧Twitter)アナリティクスでは分析できません。競合他社や一般トレンドの分析、過去との比較、ハッシュタグや投稿の内容に焦点を当てた分析など、より深い分析を行うにはソーシャルリスニングツールを利用します。(参考:ソーシャルリスニングツールとは

ソーシャルリスニングツールは自社のアカウントやサービスだけでなく、X(旧Twitter)を含むあらゆるSNSからユーザーの声を収集・分析するツールです。

Quid Monitor(旧NetBase)

X(旧Twitter)分析のマーケティング活用例

X(旧Twitter)アナリティクスツールと異なる点は、アカウントをベースにした分析だけでなくSNS上の膨大な投稿から特定のキーワードやトピックスを分析できる点にあります。
そのため、自社に限らず競合や一般トレンドについても調査をすることができるのです。
自社のテレビCMなどのクリエイティブに対する反応を調べたり、観光地での観光客の評判を調べたり、競合他社の商品に対する口コミを分析するといったようにさまざまなマーケティングのための調査に活かすことができます。

X(旧Twitter)分析のマーケティング活用例

クチコミ分析
競合分析
ブランドイメージ調査
CM効果測定
SNSキャンペーン効果測定
需要予測
新商品プロモーション・新規顧客獲得
SNSトレンド分析

X(旧Twitter)分析のマーケティングへの活用は、海外では活発に実施されています。海外SNSマーケティング活用例はこちらでご紹介しております。(参考:海外SNSマーケティング事例一覧

ソーシャルリスニングツールによるX(旧Twitter)分析の課題点

あらゆる分析やマーケティングへの活用ができるソーシャルリスニングツールによるX(旧Twitter)分析ですが、課題もあります。X(旧Twitter)分析で重要なのは、データの安全性や正確性です。それらについて詳しくご紹介します。

精度の高い分析のためのノイズ除去

消費者の本音やニーズを分析できるX(旧Twitter)分析ですが、X(旧Twitter)はほかのSNSと比較して”ノイズ”が多いという課題があります。
X(旧Twitter)は140文字以内の短いつぶやきを投稿するSNSです。そのため文字数内に収めるために略語や絵文字などを多用したり、同じ単語でも異なる意味合いで使用する場合が多く、本当に取得したい情報をX(旧Twitter)から集めるのに苦労します。
ノイズが多いデータは正確な分析結果を導くことができず、誤った判断に繋がる場合があります。膨大な投稿を収集するソーシャルリスニングでは、このノイズ除去が分析の精度に大きく影響するためノイズのフィルタリング機能は欠かせないでしょう。

自然言語処理(NLP)による文脈理解

言葉がどのような意図で使用されているか、文脈で理解しなければ正確に分析を行うことはできません。例えば、「ヤバい」という言葉は単語だけではポジティブな投稿の中で使われているのか、ネガティブな投稿の中で使われているのか判断が難しいでしょう。自然言語解析(NLP)等を活用して、文脈の中でどのような意図で使われているのかを判断する必要があります。

ソーシャルリスニングツール選定における注意点

X(旧Twitter)分析ツールやソーシャルリスニングツール選定で特に重要な点は、データの取得方法です。
公式が提供しているX(旧Twitter)アナリティクスツールは問題ありませんが、サービスによっては独自でクローリングを行いX(旧Twitter)から情報を収集している場合があります。
データ収集方法や利用方法がX(旧Twitter)の利用規約に則っていなければ、そのデータを利用している企業も規約違反となり訴訟リスクを抱える危険性があります。
近年EUデータ保護規則(GDPR)の施行や個人情報の取り扱いが厳しくなっており、違反により莫大な違約金等が発生する可能性があります。利用するソーシャルリスニングツールのデータが規約に則って収集・利用されたものであるかは、利用前に確認が必要でしょう。

ソーシャルリスニングQuid Monitor(旧NetBase)がX(旧Twitter)分析におすすめな理由

Quid Monitor(旧NetBase)

弊社の提供するソーシャルリスニングツールQuid Monitor(旧NetBase)は日々世界中で投稿されている膨大な消費者の声から、最先端のAI技術を駆使し、リアルタイムで分析が可能なソーシャルアナリティクスツールです。実行スピード、自然言語処理、多彩なフィルタリング機能で他にはない高品質なサービスを提供しています。

X(旧Twitter)分析の課題を解決する充実の機能

X(旧Twitter)分析の課題であるノイズの除去やデータ取得の信頼性もQuid Monitor(旧NetBase)ならご安心ください。最先端のAI技術を駆使した自然言語処理と多彩なフィルタリング機能によりノイズを除去し、膨大なX(旧Twitter)データからリアルタイムで本当に分析したい対象の投稿を抽出し、精度の高い分析を実現します。
またQuid Monitor(旧NetBase)はX(旧Twitter)のオフィシャルパートナーなので、信頼性の高いデータをご提供します。X(旧Twitter)の規約に則ったデータのため、安心してご利用いただけます。

X(旧Twitter)のユーザーに着目した分析が可能

またその他の特長として、Quid Monitor(旧NetBase)ではキーワードやハッシュタグだけでなく、人(X(旧Twitter) ID)に着目した分析ができる機能を搭載しています。

一般的な分析
Quid Monitor(旧NetBase)の分析

例えば、分析対象のキーワードやハッシュタグについて投稿している人は、他にどのような事に興味があるのか、または自社のブランドに対して発言した人は競合他社のブランドに対しても発言しているのかなど分析を行うことが可能です。
さらにX(旧Twitter) IDの抽出が可能なため、キャンペーンに反応した層の X(旧Twitter) ID を抽出し、そのデータを利用してSNSプロモーションを実施することができます。ターゲティングがより的確になり、ターゲット層に応じたメッセージングの開発などによりSNSキャンペーン・SNSプロモーションの成果を最大化することができます。

Audience 3D

ほかにも多言語の分析や画像解析など、X(旧Twitter)分析に特化した機能やレポートを多数用意しております。
ソーシャルリスニングツールQuid Monitor(旧NetBase)のツール提供だけではなくSNS分析の代行サービスや、特定のキーワードをモニタリングするサービスもご提供しております。Quid Monitor(旧NetBase)による高度なX(旧Twitter)分析にご興味のある方はぜひ弊社へお問い合わせください。

現在、関連する記事はありません

お問合せ

導入のご相談やご質問など、
以下よりお気軽にお問合せください。