上に戻る
Quid Monitor(旧NetBase) 資料のダウンロードはこちらから。 お電話でのお問い合わせは 03-6383-3261
2023年10月5日にNetBaseはQuid Monitorに名称変更しました
SNSマーケコラム

X(旧Twitter)の分析ツールを利用するメリットは? おすすめのツールを紹介

X(旧Twitter)の分析ツールを利用するメリットは? おすすめのツールを紹介

X(旧Twitter)には毎日多くのつぶやきが投稿されていますが、ターゲットユーザーの投稿を分析してマーケティングに役立てたいと考えている方もいるでしょう。膨大な数のツイートのなかから自社が求める情報を得るには、分析ツールの利用がおすすめです。

本記事では、X(旧Twitter)の分析ツールを利用するメリットやツールを選ぶときのポイントなどを解説します。おすすめの分析ツールも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

X(旧Twitter)の分析ツールとは

はじめに、X(旧Twitter)の分析ツールの分類について理解しておきましょう。
X(旧Twitter)の分析ツールは、大きく以下の2種類に分かれます。

・アカウント分析
・口コミ分析(ソーシャルリスニング)

それぞれの特徴を解説します。

アカウント分析

アカウント分析ツールでは、自社のアカウントや投稿に関する分析を行います。自社アカウントをフォローしているユーザー数がどれぐらい増えているか、自社のツイートに対するいいねやリツイートといった反応がどの程度あるかなどが確認できます。X(旧Twitter)広告を出稿している場合は、広告の成果についても分析が可能です。

X(旧Twitter)アカウントを運用している場合、自社アカウントがユーザーにとってどの程度の影響力や訴求力を持っているのか確認することが大切です。これらは、ユーザーからの反応によって判断できます。

アカウント分析には、公式のツールである「X(旧Twitter)アナリティクス」を使用するのが一般的です。

口コミ分析(ソーシャルリスニング)

口コミ分析は、SNSなどに投稿された一般ユーザーの口コミを分析することです。SNS上の声を分析してマーケティングに活用する手法を「ソーシャルリスニング」といいます。商品やサービスの感想をX(旧Twitter)に投稿するユーザーも多く、口コミ分析はX(旧Twitter)に自社アカウントを持っているかどうかに関係なく実施すべきものです

公式ツールであるX(旧Twitter)アナリティクスには自社アカウント以外の投稿を分析する機能は備わっていないため、口コミ分析は基本的に有料の外部ツールを利用する必要があります。

X(旧Twitter)の口コミ分析ツールを使うメリット

先述のとおり、X(旧Twitter)の口コミ分析は外部ツールを使用するのが基本です。ツールを使った口コミ分析には、以下のようなメリットがあります。

・ユーザーの本音を聞ける
・広告やキャンペーンの効果検証に利用できる
・市場調査ができる
・競合調査に役立てる
・炎上対策に繋がる

具体的な内容を、以下で解説します。

ユーザーの本音を聞ける

X(旧Twitter)には商品・サービスへの正直な感想や不満、要望など、ユーザーの生の声が多く投稿されています。そのため、口コミ分析はユーザーの本音を把握しやすいのがメリットです。

ユーザーの声を集める方法として顧客アンケートなどもありますが、あらかじめ用意した質問に対する回答しか得られないことや、準備や実施に手間と時間がかかるといったデメリットがあります。また、かしこまった形式のアンケートは、ユーザーの本音を引き出しにくい点にも注意が必要です。

X(旧Twitter)の口コミ分析ならすでに投稿されているユーザーの生の声を収集でき、分析機能に優れた外部ツールを使えば高度な分析を効率よく進められます。分析の結果得られたユーザーの本音は、今後の商品開発の参考やプロモーションへの活用が可能です。

広告やキャンペーンの効果検証に利用できる

X(旧Twitter)はリアルタイム性が高いため、広告やキャンペーンの効果検証の一部として利用できます。広告やキャンペーンを大々的に行った場合、ユーザーからどのような反響があったのか早い段階で調査することが大切です。

広告やキャンペーンは実施期間が限られているケースが多いため、開始直後のユーザーの反応によってはPR方法や施策内容の変更・改善が求められます。例えば、「キャンペーンを開始したのにキャンペーン関連のツイートが少ない」といった場合は、より大々的なPR方法を早急に検討すべきでしょう。

このように、ユーザーからの反応をリアルタイムで把握したいときにも、X(旧Twitter)の口コミ分析が役立ちます。

市場調査ができる

ユーザーの生の声が収集できるX(旧Twitter)の口コミ分析は、市場調査にも活用できます。例えば、ターゲット層のユーザーがどのような課題やニーズを抱えているのかを知ることができれば、新商品開発時の参考になるでしょう。

自社が実施するアンケートは対象の範囲が限られるため、市場調査のための十分な情報が得られないケースもあります。一方X(旧Twitter)の口コミ分析なら、ユーザーによる投稿が日々行われているので、幅広い層を対象とした調査が可能です。

業界のトレンドや流行なども把握でき、マーケティング施策を検討する上で欠かせない情報を多く収集できるでしょう。

競合調査に役立てる

X(旧Twitter)の口コミ分析なら、自社だけでなく競合についての調査も可能です。競合の社名や商品名で口コミ分析を行うと、ユーザーが競合に対してどのような感想や印象を持っているのかを把握できます。

自社に対する口コミと競合に対する口コミを比較すると、自社の強みや差別化できているポイント、改善すべき点や競合にリードされている部分など、 様々なことがわかります。

商品開発やプロモーションでは競合との差別化も重要となるため、競合調査は必須です。X(旧Twitter)の口コミ分析なら、リアルタイム性の高い情報を元に競合について調査できます。

炎上対策に繋がる

X(旧Twitter)には当然ながらネガティブな投稿がされることもあり、悪い評判が広く拡散される「炎上」を引き起こすリスクもあります。口コミ分析のための外部ツールを活用し、ネガティブなツイートが急激に増えたときにすぐに気付ける仕組みを整えておくことで、炎上に速やかに対応できるようになるのもメリットです。

X(旧Twitter)は手軽に投稿でき、リツイートで簡単に情報を拡散できるため、炎上に気づくのが遅れるとどんどん悪い口コミが広がっていきます。炎上の被害を少しでも抑えるには、炎上の火種を素早く把握し、適切な対応をとらなければなりません。

日常的に口コミ分析に取り組んでおくと、炎上に発展する前に気付いて対応でき、企業イメージの低下を未然に防げる可能性を高められます。

ここまで紹介してきた口コミ分析のメリットを最大限にするには、大量のツイートを効率よく分析できる外部ツールが必要です。X(旧Twitter)アナリティクスでは自社以外の投稿を分析することはできず、手作業で検索して口コミ分析をするのは非効率で分析対象も限られるため、口コミ分析用の外部ツールの活用をおすすめします。

X(旧Twitter)の口コミ分析ツールを選ぶ際のポイント

X(旧Twitter)の口コミ分析ツールは、自社に合ったものを導入することが大切です。導入するツールを選ぶときは、以下のようなポイントを押さえておきましょう。

・分析の目的を明確にしておく
・求めている機能が備わっている
・サポート体制が整っている

それぞれのポイントについて、以下で解説します。

分析の目的を明確にしておく

具体的な製品の比較に入る前に、まずは自社で口コミ分析を行う目的を明確にしておきましょう。口コミ分析ツールは、以下のように 様々な目的で使われます。

・市場調査
・自社商品に関する調査
・競合調査
・広告の効果検証
・炎上対策 など

分析の目的が明確になっていない状態でツールを比較検討すると、本来の目的には合わないツールを選んでしまう可能性があるため注意してください。なぜ口コミ分析を行いたいのか改めて考えてみると、具体的にどのような機能が必要なのかが見えてきます。

求めている機能が備わっている

口コミ分析ツールは 様々な企業が提供していて、ツールによってできることが異なります。そのため、自社の目的に応じた機能が備わっているかどうかが、ツール選びでもっとも重要なポイントとなります。

例えば、どれだけ価格が安くても、自社が求める機能が備わっていなければ意味がありません。目的や求める機能が明確になっていなければ製品選びの軸がブレてしまうため、必須となる機能を洗い出した上で導入候補となるツールを絞っていきましょう。

サポート体制が整っている

機能で導入するツールの候補を決めたら、サポート体制も比較してみてください。導入時や運用開始後のサポートが充実しているツールのほうが、安心して利用できます。特に、口コミ分析やツールの利用が初めての場合は、サポート体制も重視してツールを選ぶことをおすすめします。

せっかくツールの導入を決めても、導入時の設定に手こずったり、操作が難しく担当者がツールを使いこなせなかったりすると、十分な口コミ分析ができません。ツールを最大限に活用できるように、困ったときにはすぐに相談できるサポートの手厚いツールを選びましょう。

X(旧Twitter)の口コミ分析ツールならQuid Monitor(旧NetBase)がおすすめ

X(旧Twitter)の口コミ分析ツールをお探しなら、Quid Monitor(旧NetBase)がおすすめです。ここでは、高度な口コミ分析ができるQuid Monitor(旧NetBase)について紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

Quid Monitor(旧NetBase)とは

Quid Monitor(旧NetBase)は、X(旧Twitter)以外にもさまざまな主要SNSの口コミ分析に対応している高品質のSNS分析ツールです。市場調査・競合調査・炎上対策など幅広く活用できる多彩な分析機能が備わっています。

日本でも有名企業をはじめ導入実績が豊富で、業界を問わず多くの企業で活用されているツールです。詳細が気になる方はぜひ下記からお問い合わせください。

Quid Monitor(旧NetBase)に関する問合せはこちらから。

Quid Monitor(旧NetBase)の特徴

Quid Monitor(旧NetBase)には、以下のような特徴があります。

・X(旧Twitter)の全量データを分析できる
・掲示板・ブログ・ニュースサイト等からも様々なデータを取得できる
・50の言語を分析できる
・分析機能が豊富
・高品質な自然言語処理
・サポートが手厚い

これらの特徴について、以下で詳しくみていきましょう。

X(旧Twitter)の全量データを分析できる

Quid Monitor(旧NetBase)は、X(旧Twitter)の全量データの分析が可能です。事前のキーワードの登録が必要なく、2006年まで遡って分析ができます。 witterはアクティブユーザー数が膨大で、全量データの分析に対応していないツールもありますが、Quid Monitor(旧NetBase)なら扱えるデータの量が多く、より実態に即した分析結果が得られます。

Quid Monitor(旧NetBase)は圧倒的な処理スピードを誇っているため、日々大量の投稿がされるX(旧Twitter)の全量データの分析も問題なく行えます。また、Quid Monitor(旧NetBase)はX(旧Twitter)のオフィシャルパートナーであり、データを利用する上でX(旧Twitter)の規約に違反する心配がないのも特徴です。

掲示板・ブログ・ニュースサイトからも様々なデータを取得できる

Quid Monitor(旧NetBase)は分析対象の幅広さが特徴で、X(旧Twitter)はもちろん、Facebook・Instagram・YouTubeといった主要なSNSに加え、口コミ・レビューサイトやWeibo・VKなど海外SNSの口コミ分析も可能です。

SNSによってユーザー層が異なり、一部のSNSしか利用していないユーザーもいるため、対応する媒体が多いツールのほうがより幅広い口コミを収集できます。

また、CSVファイルをアップロードすることも可能で、自社が行った顧客アンケートの結果などを使った独自データの分析も可能です。

50の言語を分析できる

Quid Monitor(旧NetBase)の特徴として、対応言語の多さも挙げられます。日本語や英語をはじめ、50の言語を分析できます。日本国内のツールは日本語にしか対応していないケースもありますが、海外にも商品やサービスを提供している場合は日本語以外の分析にも対応したツールを選んだ方がよいでしょう。

Quid Monitor(旧NetBase)では各国のローカルデータの収集も可能で、海外のトレンド分析などができるのも特徴です。そのため、海外向けのマーケティングにもぜひご活用ください。

分析機能が豊富

Quid Monitor(旧NetBase)を使うと定量的な情報だけでなく、人気の画像や動画の分析、GPS情報の活用など、様々な切り口で分析が可能です。

そのほか、キーワードだけでなくX(旧Twitter) IDに着目した分析も可能で、「トレンドワードをツイートしている人がほかにどのような興味を持っているか」「自社商品についてつぶやいた人が競合製品についても発信しているか」といった分析ができるのも特徴です。

高品質な自然言語処理

Quid Monitor(旧NetBase)は、長年にわたる研究によって開発した言語解析アルゴリズムによって、精度の高い言語処理が可能です。この自然言語処理は世界でも最高の評価を受けていて、高品質なSNSデータの解析ができます。

人が書く文章にはあいまいさや意味の重複・省略などがあり、自然言語処理の性能が低いと正確な口コミ分析は不可能です。どれだけ豊富な機能があって効率よく分析結果を得られたとしても、その内容が正確でなければ意味がありません。

世界的に評価されている自然言語処理による分析が可能な点も、Quid Monitor(旧NetBase)の特徴であり大きな強みです。

サポートが手厚い

Quid Monitor(旧NetBase)はサポートが手厚く、導入時のサポートは一切の追加費用なく回数無制限で対応しています。口コミ分析ツールの利用が初めての方でも、安心して利用できます。これは、他社ツールにはない魅力です。

また、スポットのレポート作成やデータ提供にも対応しているので、データ分析のプロによるサポートを受けたいという方もお気軽にご相談ください。

X(旧Twitter)の分析ツールを導入しよう

X(旧Twitter)はリアルタイム性の高いSNSで世界中のアクティブユーザー数が多いため、ユーザーのツイートを分析するとマーケティングに役立つ様々なデータが得られます。分析するデータ量が膨大なので、X(旧Twitter)の口コミ分析を行う際はツールの利用がおすすめです。ツールを選ぶ際は、自社にとって必要な機能を提供していて、サポートの手厚いものを選びましょう。

本記事で紹介した「Quid Monitor(旧NetBase)」はX(旧Twitter)のオフィシャルパートナーで、高度な分析機能と手厚いサポートを提供しています。下記ページから、ぜひ詳細をチェックしてみてください。

ソーシャルリスニングツールQuid Monitor(旧NetBase)
資料請求はこちら

現在、関連する記事はありません

お問合せ

導入のご相談やご質問など、
以下よりお気軽にお問合せください。