上に戻る
Quid Monitor(旧NetBase) 資料のダウンロードはこちらから。 お電話でのお問い合わせは 03-6383-3261
2023年10月5日にNetBaseはQuid Monitorに名称変更しました
SNSマーケコラム

YouTube分析ができるおすすめツール7選!無料・有料の違いや選び方とは?

YouTube分析ができるおすすめツール7選!無料・有料の違いや選び方とは?

YouTubeを自社のビジネスに役立てるために分析ツールを活用する企業が増えています。しかし「本当に分析ツールは効果があるのか」「どの分析ツールを使えばよいのか」「やり方がわからない」と迷っている方もいるのではないでしょうか。

この記事では、YouTube分析ツールが必要とされる理由、分析ツールの選び方、無料と有料の違い、分析を活用して再生回数を増やす方法について解説します。

YouTube分析ツールの活用が必要とされる理由

YouTube分析ツールを使う目的・必要性には以下があります。

  • ● チャンネルの現状把握
  • ● 広告戦略の最適化
  • ● 目標の修正
  • ● 競合他社との差別化

分析ツールの活用によって「どのタイミングで出した動画が再生されているか」「動画のどの部分に興味を持たれているのか」などを把握できます。分析結果を活かすことにより、今まで以上に多くのユーザーに受け入れられる動画の企画、制作、投稿が可能です。

また、分析ツールは広告戦略の最適化にも役立ちます。「どの動画が自社の商品・サービスの宣伝につながっているか」「広告効果に乏しい動画はどれか」を理解することにより、今後の広告戦略を見直せます。

目標の進捗状況を把握する効果も分析ツールは備えているため、必要に応じて戦略の修正が可能です。競合他社との差別化では、自社の弱みと強みを正確に把握することにより、さらにオリジナルな価値を視聴者に提供できるでしょう。

YouTube分析ツールを使うメリット

YouTube分析ツールの必要性は理解できても、どのようなものを選ぶべきなのか迷ってしまうのではないでしょうか。そこで選び方のポイントを以下の5つに分けて解説します。

  • ● 自社チャンネルが分析できる
  • ● 他社チャンネルが分析できる
  • ● SEO対策・分析ができる
  • ● YouTubeのトレンドリサーチができる
  • ● 企業のタイアップ分析を行える

自社チャンネルが分析できる

YouTubeチャンネルの運営では、まず自社チャンネルの分析が重要です。自社チャンネルの視聴者ニーズを知ることにより、最適な企画立案が可能になります。そのためには視聴者維持率、視聴者属性、インプレッション、クリック率、トラフィックソースを把握することが大切です。これらの要素は大半のツールで分析できます。

視聴者維持率とは、最後まで動画を視聴したユーザーの割合です。ツールによっては離脱率もグラフ化できます。

視聴者属性は性別・年齢・地域などの属性です。ツールによって自社が設定したターゲットに該当しているかどうかを確認できます。

インプレッションはサムネイルの表示回数、クリック率はサムネイルがクリックされた割合を指します。どちらもツールによって分析可能です。

トラフィックソースとは動画の流入経路のことです。ブログ、アプリ、SNS、関連動画、YouTube内検索など、どのような経緯で視聴されたのかがツールによって理解できます。

YouTubeチャンネルを成功させるには、上記のような項目の分析が必要です。まずは自社チャンネルを十分に分析できるツールを選びましょう。

他社チャンネルが分析できる

YouTube分析ツールによっては自社チャンネルだけでなく、競合他社のチャンネルも分析できます。競合他社の視聴者維持率や視聴者属性を自社と比較することにより、「競合チャンネルにあって自社にないもの」がわかるため、修正と改善によって成長が期待できます。

特定のキーワードから競合チャンネルを把握できるツールを活用し、競合他社の伸びている動画を分析することは自社の動画制作に反映できるため重要です。ツールを選ぶ際は競合チャンネルの分析が可能かどうかも考慮してください。

SEO対策・分析ができる

多くの視聴者に動画を見てもらうにはYouTubeのSEO対策(検索エンジン最適化)が必要です。SEO対策をすることで特定の検索キーワードでの上位表示を狙えるため、再生回数の増加が期待できます。

前述した自社チャンネルの分析において、「サムネイルがクリックされていない」「動画の再生回数が伸びていない」などが顕著になった場合はSEOの改善が必要です。

具体的には、検索されやすいキーワードを想定しながら企画を立てたり、タイトルや概要欄にキーワードを含めたりといった対策が考えられます。

自社の動画が表示されているかを知り、適切なSEO対策を行えるかどうかもYouTube分析ツールを選ぶポイントです。

YouTubeのトレンドリサーチができる

自社チャンネル、競合チャンネルの分析を続けることでチャンネルの成長を期待できますが動画の再生回数にばらつきがあるケースも少なくありません。その場合、YouTubeのトレンドを意識した作成が必要になります。

トレンドとは、YouTubeで流行しているキーワードです。トレンドキーワードを知ることにより、リアルタイムで話題になっている言葉を把握できます。

分析ツールの中にはトレンドワードや人気タイトルをリサーチできるものがあるため、動画の再生回数を伸ばすヒントを得られます。

企業のタイアップ分析が行える

「影響力のあるインフルエンサーに企業案件を依頼したい」というニーズの解決につながる分析ツールもあります。どの企業がどのインフルエンサーとタイアップしているかがわかるため、自社製品のプロモーションに最適なインフルエンサー像をイメージしやすくなるのです。

たとえば、競合他社AがインフルエンサーBとタイアップしている場合、同じ属性のインフルエンサーCに企業案件を依頼するなどの選択肢です。

このように分析ツールを活用することにより、最適なインフルエンサーにプロモーションを打診できるというメリットがあります。

YouTube分析ツール無料と有料の違い

YouTube分析ツールには無料のものと有料のものがあります。

無料の分析ツールは有料よりも機能が制限されていたり、詳細な情報を調べられなかったりというケースがありますが、無料でもある程度の分析は可能です。特に再生回数や登録者数の推移といった基本的な情報は無料ツールでも十分に調べられます。

有料分析ツールは無料分析ツールの機能にプラスして、自社チャンネルと競合チャンネルの比較やタイアップが行われた企業案件の調査など、さらに細かな分析の対応が可能です。そのため「YouTube分析ツールでどのような情報を収集したいのか」「どこまで詳細に分析したいのか」を考慮して戦略に合わせたツールを選ぶとよいでしょう。

【無料】YouTubeの分析ができるおすすめツール

YouTube分析ができるおすすめの無料ツールとして以下を紹介します。

  • ● YouTubeアナリティクス
  • ● vidIQ(ヴィッドアイキュー)
  • ● NoxInfluencer(ノックスインフルエンサー)
それぞれのツールの比較表は以下です。

【アカウントがあれば使用可能】YouTubeアナリティクス

YouTubeアナリティクスはYouTubeにログインし、Googleアカウントがあれば誰でも無料で使えるツールです。分析できる主な項目に以下があります。

  • ● 視聴者(リピーター、ユニーク視聴者数、視聴ユーザーの年齢と性別、視聴者の地域別分布など)
  • ● リーチ(インプレッション数、インプレッションのクリック率、ユニーク視聴者数など)
  • ● エンゲージメント(総再生時間、平均視聴時間、視聴者維持率、高評価数と低評価との比率など)
  • ● 収益(推定収益・RPM、推定収益が高い動画など)

特に注目したい項目は「視聴者属性(年齢、性別、地域)」「視聴者維持率」「インプレッションクリック率」の3つです。それぞれの要素を分析したうえで、動画の改善点や修正点を見極めるといった使い方が可能です。

利用するメリットとして、公式ツールなので信頼性が高いことや、再生数のカウントがリアルタイムで反映されることなどが挙げられます。

YouTubeトップ画面の右上、アイコンマークを)をクリックすると下記が表示されます(パソコンの場合)。

上記メニューから「YouTube Studio」を選ぶことでアナリティクスのメニューが表示されます。

アナリティクスをクリックすることにより、概要、コンテンツ、視聴者、リサーチそれぞれのデータがわかります。

【キーワード分析が得意】vidIQ(ヴィッドアイキュー)

vidIQはYouTube公認ツールです。Google Chromeの拡張機能として追加することで競合の動画も分析できます。無料プランと有料プランに分かれており、無料プランの主な項目は以下です。

  • ● 分析(総再生回数、平均再生回数、平均登録者数、登録者数など)
  • ● ランキング(競合を含む最も視聴された動画、国内の人気動画)
  • ● 調査(最適なキーワード、推奨タイトルとタグなど)
  • ● 公式サイト:https://vidiq.com/

主な指標として、vidIQ独自の点数である「vidIQ score」、検索順位を示す「Tags」、検索回数がわかる「キーワード検索ツール」があります。点数を参考に既存動画を修正したり、キーワードを参考に次回動画の内容やタイトルを決めたりといった使い方が考えられます。

利用するメリットとしては、数字による採点方式なので初心者でもわかりやすいことや、競合チャンネルの点数も確認できるという点が挙げられます。

【他社チャンネルの分析が可能】NoxInfluencer(ノックスインフルエンサー)

NoxInfluencerは中国に本社がある企業のサービスです。自社チャンネルと競合チャンネルの動画を網羅的に分析できます。無料プランと有料プランに分かれており、無料プランの主な項目は以下です。

  • ● 分析(リアルタイムの登録者数、複数チャンネルの比較)
  • ● ランキング(登録者増加率、再生回数、月間再生回数など)
  • ● 調査(人気タイトル、サムネイル、トレンドなど)
  • ● 公式サイト:https://jp.noxinfluencer.com/

公式サイトの検索欄にチャンネル名を入力し、表示されたチャンネルをクリックすることで統計データが表示されます。

メリットとして、無料プランでも競合チャンネルを分析できることや、アドバイスが表示されるので初心者でも使いやすいという点が挙げられます。

【有料】YouTubeの分析ができるおすすめツール

無料で使えるYouTube分析ツールを解説しましたが、次に有料のおすすめツールとして以下を紹介します。

  • ● Quid Monitor(旧NetBase)(ネットベース)
  • ● Quid Compete(旧Rival IQ)(ライバルアイキュー)
  • ● kamui tracker(カムイトラッカー)
  • ● AZTECA(アステカ)
  • ● TUBERS(チューバーズ)

5-1 【豊富なデータソース】Quid Monitor(旧NetBase)(ネットベース) 

Quid Monitor(旧NetBase)は対応メディアが豊富なソーシャルリスニングツールです。SNS、ブログ、消費者レビューなどに投稿されたデータから、キーワードを入力するだけでリアルタイムに分析が可能です。Youtubeにも対応しており、分析できる項目には以下があります。

  • ● 指定キーワードを含むYouTube動画の再生数、いいね数、コメント数
  • ● 指定YouTubeチャンネルの再生数、いいね数、コメント数
  • ● 公式サイト:https://netbase.tdse.jp/

Quid Monitor(旧NetBase)全体の機能としては、競合するブランドの分析、投稿がポジティブ・ネガティブ・ニュートラルかを分析するセンチメント分析/感情分析、ネガティブな投稿に注目するリスク分析があります。他にも2つ以上の軸で集計するクロス集計、需要予測、性質の近いもの同士で分類するクラスター分析が可能です。

Quid Monitor(旧NetBase)の特徴として、多様なフィルター、50か国語分析対応、3億ドメインを超える豊富なデータソース、リアルタイムなデータ処理などが挙げられます。

YouTubeだけではなく、X(旧Twitter)やInstagramのようなSNSを含め、市場・競合調査、効果測定、リスク対策まで幅広く活用できるというメリットがあります。

【他社分析も可能】Quid Compete(旧Rival IQ)(ライバルアイキュー) 

Quid Compete(旧Rival IQ)は自社企業・競合企業を問わず、簡単にSNSの分析・比較ができるツールです。分析したい企業サイトのURLを登録するだけで、Youtubeの下記の項目を把握できます。

  • ● 投稿数
  • ● 再生回数
  • ● チャンネル登録者数
  • ● 人気投稿
  • ● 頻出ハッシュタグ
  • ● 頻出キーワード
  • ● エンゲージメント数(いいね数、コメント数)
  • ● 公式サイト:https://netbase.tdse.jp/rivaliq_lp/

Quid Compete(旧Rival IQ)全体の機能として、企業のSNSアカウントから直接データ取得が可能なプライベート分析、X(旧Twitter)用のメンション分析、X(旧Twitter)とInstagram用の簡易キーワード・ハッシュタグ分析などがあります。他にも公式SNSのエンゲージメント、フォロワー数、投稿数の閲覧や定期レポートでメール配信を使用できるという特徴があります。

Quid Compete(旧Rival IQ)は自社だけでなく、競合他社ブランドのSNSを分析して比較できるという点が大きなメリットです。

【タイアップ分析も】kamui tracker(カムイトラッカー)

kamui trackerは国内最大規模のYouTubeデータベースを保有する分析ツールです。チャンネルの企画、運用、YouTuberタイアップなどに活用できます。主な項目は以下です。

  • ● 分析(ランクシュミレーター、タイトルやタグのキーワードアドバイスなど)
  • ● トレンド分析(トレンドキーワード、急上昇動画など)
  • ● タイアップ分析(企業とユーチューバーのタイアップに関するデータ、新規タイアップ動画の通知機能、タイアップランキングなど)
  • ● 公式サイト:https://kamuitracker.com/

特に注目したい項目は「ランクシュミレーター」と「キーワードアドバイス」です。ランクシュミレーターによって全YouTubeチャンネルにおける自社チャンネルの位置がわかりますし、キーワードアドバイスによって視聴回数を知ることができます。それぞれの結果をもとに改善や修正につなげるといった使い方が可能です。

利用するメリットとしてはトレンドがグラフで表示されてわかりやすい点や、サムネイルやタイトルによる視聴数の違いをリサーチできるなどが挙げられます。

【動画のSEO対策に特化】AZTECA(アステカ)

AZTECAはYouTube動画のSEO対策に特化したツールです。主な分析項目は以下です。

  • ● 自社と競合企業の検索順位
  • ● 検索キーワード上位の動画に関する情報
  • ● 公式サイト:https://azteca.cloud/

YouTube動画のIDと検索語を入力することで自動的に順位が保存されるため、順位変動がグラフでわかります。検索キーワード上位20位の結果がランキングで表示されることも特徴です。

利用するメリットとして、YouTubeSEOに特化していたり、自社と競合企業の検索順位を日々、自動で確認できたりといった要素が挙げられます。

【人気のチャンネルを分析】TUBERS(チューバーズ)

TUBERSは自社のチャンネルだけでなく、人気チャンネルを分析できるツールです。主な項目は以下です。

  • ● 分析(再生数が多いチャンネルと動画のランキング、チャンネルの人気ランキングなど)
  • ● 調査(タグのトレンド、タイアップの事例など)
  • ● 公式サイト:https://tubers.app/

注目したい指標に「比較」「ランキング」「トレンド」があります。3つまでチャンネルを比較でき、各カテゴリの人気チャンネルのランキングがわかります。動画のトレンド情報の確認も可能です。

利用するメリットとして、次に流行りそうなトレンドを予測できたり、複数チャンネルを比較してインフルエンサーの活用につなげたりといった要素が挙げられます。

YouTubeの分析を活用しつつ再生回数を増やす方法

YouTubeの分析を活用しつつ再生回数を増やす方法には以下があります。

  • ● 動画のリンクをSNS・サイトに埋め込む
  • ● タイトル・サムネイルを工夫する
  • ● 視聴するユーザーが多い時間帯に配信する
  • ● 自社の動画と競合を見比べて改善する
  • ● 動画のSEO対策を行う
  • ● 人気動画を参考にして傾向をつかむ
  • ● 動画の終わりにおすすめ動画を表示する

それぞれ解説するので参考にしてください。

動画のリンクをSNS・サイトに埋め込む

自社で運用しているX(旧Twitter)やFacebookなどのSNS、Webサイト、ブログにYouTube動画のリンクを埋め込むことで再生回数の増加やインプレッションが期待できます。動画を見た視聴者に気に入ってもらえればチャンネル登録をしてもらえるかもしれません。

YouTubeのみで完結する施策ではなく、まずはSNSの構築が必要です。動画を埋め込みたいSNSの分析ができるツールを検討してください。前述したQuid Monitor(旧NetBase)とQuid Compete(旧Rival IQ)はYouTubeだけでなく、各SNSの分析も可能です。

タイトル・サムネイルを工夫する

自社チャンネルの動画に目を止めてもらうには、タイトルやサムネイルを目立たせる工夫が必要です。ツールを使用して急上昇中や人気キーワードを分析しながら、ユーザーが興味を惹きそうなタイトルを考えましょう。

たとえば、「5分でわかる〇〇」「誰でもできる〇〇」といったタイトルは内容の簡単さをアピールできますし、「現役税理士が教える〇〇」「現役プログラマーが教える〇〇」などは信頼性・信憑性の高さにつながるため、クリック率の増加が期待できます。

視聴するユーザーが多い時間帯に配信する

ユーザーが視聴しやすい時間を意識して動画をアップすると再生率が伸びる傾向があります。視聴が多いのは一般的に19〜24時といわれていますが、ターゲット層が絞られている場合、そのターゲット層を意識した時間帯に配信しましょう。

たとえば、主婦がターゲットであれば家事や育児が落ち着く11時〜14時ごろの時間帯、会社員がターゲットの場合は帰宅後の18時以降などに動画を配信します。配信後は分析・改善が重要です。

自社の動画と競合を見比べて改善する

動画配信後の分析は、自社と競合の比較が大切です。まずは自社チャンネルの登録者数、ユーザー属性、再生回数、再生時間、インプレッション数などを把握しましょう。その後に競合チャンネルの情報を収集し、「自社と何が違うのか?」を考えて改善点を見定めます。

たとえば同じような動画であるにもかかわらず、自社よりも再生回数が伸びている場合、サムネイルやタグで差が付いている可能性があります。そのように分析しながら改善を重ねてみてください。

動画のSEO対策を行う

自社の動画のSEO対策を行うことにより、ユーザーがYouTube内で検索した際に表示されやすくなります。その結果、自然にインプレッション数はアップします。

もし、動画のタイトルやサムネイル、タグ内にユーザーが求めるキーワードやトレンドキーワードが入っていない場合は適度に含めましょう。

人気動画を参考にして傾向をつかむ

競合他社に限らず、個人ユーザーの人気動画も参考にすることで視聴されやすい動画の特徴を把握できます。同じジャンルだけでなく、類似したジャンルの動画も参考になります。その際は動画内容、テロップやBGMの入れ方、編集方法、サムネイル画像、ハッシュタグの使い方などに注目してください。

そのまま真似をすると著作権侵害に該当する可能性があるため、あくまでもアイデアの1つとして受け止め、自社で工夫しながら改善することが大切です。

動画の終わりにおすすめ動画を表示する

動画終わりに他のおすすめ動画を表示することにより、連続再生が期待できます。スマートフォンの場合はタップ、パソコンの場合はクリック1つですぐに視聴できるため、効果的な方法です。特に関連動画は再生されやすいといわれています。チャンネル登録を促すバナー表示も可能です。

YouTubeも『Quid Monitor(旧NetBase)』で詳細な分析が可能

おすすめの分析ツールの中でYouTubeはもちろん、多数のSNSやサイトの分析ができるのは『Quid Monitor(旧NetBase)』です。導入時のサポートも追加費用なく、回数無制限で対応しています。YouTubeの運用を効果的に進めたい場合は、以下よりお気軽にお問い合わせください。

また、『Quid Compete(旧Rival IQ)』は簡単に自社と競合のSNSを分析ができるツールです。URLを登録することにより、Youtubeの投稿数、再生回数、チャンネル登録者数などがわかります。『Quid Monitor(旧NetBase)』同様、多数のSNSに対応していますので、まずはお問い合わせください。

YouTube分析ツールを使う目的には、チャンネルの現状把握、広告戦略の最適化、目標の修正、競合他社との差別化があります。そのために自社と競合のチャンネルを分析し、YouTubeSEO対策やトレンドのリサーチを行い、タイアップ分析を行いましょう。

たとえばYouTube分析ツールを活用することにより、自社チャンネルの視聴者維持率やインプレッション、クリック率などがわかるので、最適な企画立案が可能です。ツールによっては競合のチャンネルも分析できるため、自社に足りない部分を改善しやすくなります。

また、SEO対策とトレンド分析によって再生回数のアップが期待できますし、競合他社がタイアップしているインフルエンサーがわかれば、自社のプロモーションをイメージしやすくなります。

YouTube分析を活用しながら再生回数を増やす方法には、動画リンクの埋め込み、タイトル・サムネイルの工夫、ターゲット層を意識した時間帯の配信などがあります。

Quid Monitor(旧NetBase)の詳細・資料ダウンロードはこちら
Quid Compete(旧Rival IQ)の詳細・資料ダウンロードはこちら

現在、関連する記事はありません

お問合せ

導入のご相談やご質問など、
以下よりお気軽にお問合せください。