上に戻る
Quid Monitor(旧NetBase) 資料のダウンロードはこちらから。 お電話でのお問い合わせは 03-6383-3261
2023年10月5日にNetBaseはQuid Monitorに名称変更しました
SNSマーケコラム

消費者動向とは? 分析方法についても解説

消費者動向とは、消費者のニーズを把握する際に用いられる言葉です。
企業が新商品や新サービスを開発する際に大切になるのが、消費者がどのようなニーズを持っているかを把握することです。
消費者のニーズに応じた商品やサービスを提供することで、ヒットにつながる可能性があります。

本記事では、消費者動向についてや消費者のニーズを把握する方法などについて解説します。

消費者動向とは消費者のニーズやトレンド

マーケティングにおける消費者動向とは、消費者がどのようなニーズを持っているか、どのようなものがトレンドなのかなどを指す言葉です。
消費者動向調査によって、消費者のニーズに合う商品・サービスの提供につなげられると考えられています。

なお、内閣府でも消費者動向調査を定期的に実施しています。
内閣府の消費者動向調査における調査事項は、消費者の暮らしに関する意識の変化や物価の見通しなどです。

消費者動向調査はビジネスを進める上で重要な意味を持つ

消費者動向調査は、ビジネスを進展させていく上で重要な意味を持ちます。
インターネットやSNSの普及によって人々は多くの情報に触れられるようになり、趣味嗜好が多様化、細分化されています。
そのため、商品やサービスを発表にあたっては、どのようなものが求められているかを、動向調査によって把握することが大切です。
動向調査を実施すれば、消費者のニーズに応じた商品やサービスの提供につなげられます。

消費者動向調査はどのようにして進める?

消費者動向調査はリサーチ会社へ調査を依頼するのが一般的です。
自社がどのようなことを調査したいのか、どのような層を対象に調査したいのかなどをリサーチ会社に伝えれば、調査を進めてくれます。
リサーチ会社へ依頼することで、自社で調査する手間が省けるでしょう。
調査依頼を受けたリサーチ会社は、主に次のような方法を用いて調査を進めていきます。
  • アンケート調査
  • 対面調査
  • グループ調査
  • 郵送・FAX調査
  • 電話調査

リサーチ会社への依頼は求めていた結果が得られるとは限らない

リサーチ会社による消費者動向調査は、必ずしも自社の求めていた結果が得られるとは限りません。
リサーチ会社には得意とする調査分野があります。
リサーチ会社が得意としない分野の調査を依頼すると、期待する結果を得られない可能性があります。

リサーチ会社への依頼は費用がかかるため、求めていた結果が得られなかった場合は、損失につながりかねません。
そのため、リサーチ会社がどのような分野の調査を得意としているかを事前に確認しておきましょう。

消費者動向はソーシャルアナリティクスで分析可能

消費者動向は、ソーシャルアナリティクスの実施によっても分析できます。
ソーシャルアナリティクスとはSNSやブログ、掲示板などインターネット上にアップされているユーザーの意見から、動向を調査する方法です。

ソーシャルアナリティクスによる分析によって、ターゲットとなる層の動向だけでなく、自社や競合他社についての情報も収集可能です。

ソーシャルアナリティクスとソーシャルリスニングの違いは?

ソーシャルアナリティクスと似たような言葉として挙げられるのが、ソーシャルリスニングです。
ソーシャルリスニングでもソーシャルアナリティクスと同様、インターネットを通して消費者の動向を調査します。

ソーシャルアナリティクスがビジネスを進めるための大きな方向性を決める際に用いられるのに対して、ソーシャルリスニングはより具体的な方法を決める際に用いられる手法です。

ソーシャルアナリティクスが注目されている理由

ソーシャルアナリティクスが注目されている理由は、SNSの普及です。
実際、総務省の『令和3年通信利用動向調査』によると、SNSを利用している個人は78.7%に達しています。前年は73.8%だったため、やや増加傾向です。
80歳以上も半数近くの人がSNSを活用していると報告されています。
また、SNSの利用目的をみると「知りたいことについて情報を探すため」と答えている人は63.7%でした。(※)

このように多くの人がSNSを使って情報を収集していることから、ソーシャルアナリティクスによる消費者動向の把握が重要視されています。

※参考:総務省. 「令和3年通信利用動向調査」. https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/statistics/data/220527_1.pdf, (2022-05-27).

ソーシャルアナリティクスを実施する3つのメリット

ソーシャルアナリティクスを実施するメリットは次の通りです。
  • 消費者の本音を把握できる
  • 消費者の意見をリアルタイムに把握できる
  • 競合他社の情報も得られる

1. 消費者の本音を把握できる

1つ目のメリットは、消費者の本音を把握できることです。
消費者の意見を吸い上げる際に用いられていたアンケート方式は、本音を書いてもらえないケースがありました。
しかし、SNSであれば消費者自らが自発的に投稿しています。
そのため、消費者が自社や自社のサービス、製品などにどのような本音を抱いているのかを把握できます。

2. 消費者の意見をリアルタイムで把握できる

2つ目は、消費者の意見をリアルタイムで把握できることです。
リサーチ会社に消費者動向調査を依頼した場合、回答が集まるまでは一定の時間がかかるでしょう。
しかし、SNSで消費者の動向を調査するソーシャルアナリティクスであれば、消費者の意見をリアルタイムで吸い上げることが可能です。

PDCAサイクルをスピーディに回すことで業務改善スピードが上がる

リアルタイムで把握した消費者の意見をPDCAに落とし込むことで、サイクルのスピード感が増します。
PDCAサイクルのスピードが上がれば、短い期間で課題が見つけられるようになります。
課題解決へのプラン立案から実行が早まり、課題改善のペースも上がるでしょう。

3. 競合他社の情報を得られる

3つ目が、競合他社の情報を得られることです。
アンケートをはじめとした調査の場合、調査対象となるのは基本的に自社の情報のみです。
しかし、新しい商品やサービスを開発する上では、自社だけではなく競合他社についても調査する必要があります。
主にSNSなど、インターネット上の情報を調査するソーシャルアナリティクスであれば、自社だけでなく、競合他社に関する消費者の意見も調査できます。

ソーシャルアナリティクスで成功するための4つのポイント

ソーシャルアナリティクスで成功するためには、次のようなポイントを押さえておきましょう。
  • SNSをターゲットに応じて選定する
  • 適切な情報量を集める
  • 情報を集めたら行動につなげる
  • 情報を他のデータやツールと共有する

1. SNSをターゲットに応じて選定する

1つ目のポイントは、SNSを想定するターゲットに応じて選定することです。
SNSはそれぞれユーザーの年齢層が異なります。
例えば、20代はInstagramのユーザーが多い一方、Facebookのユーザーは少ない傾向です。
年齢だけでなく、男女でもユーザーの傾向は異なります。
特にInstagramは男性よりも女性ユーザーの方が多い傾向にあります。(※)

適切な結果を得るために、自社に応じたターゲットが多いSNSを選択しましょう。

※参考:総務省. 「令和3年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書」. https://www.soumu.go.jp/main_content/000831290.pdf, (2022-08-26).

2. 適切な情報量を集める

2つ目は、適切な情報量を集めることです。
SNSには多くの情報が溢れているため、全てを収集していては情報量が膨大になってしまいます。
ソーシャルアナリティクスを成功させるため、適切な情報量を見極めて、地域や年齢などの条件を設定しましょう。

不要な情報が入り込んでしまうと、希望する回答が得られないかもしれないため注意が必要です。

3. 情報を集めたら行動につなげる

3つ目は、情報を集めてから行動につなげることです。
ソーシャルアナリティクスの効果は入手した情報を分析し、行動に移すことで発揮されます。
情報から分かる要因や環境などを分析し、PDCAを回すことでビジネスの発展につなげられるでしょう。

分析にあたっては目的や戦略を明確にしておく

ソーシャルアナリティクスで集められた情報は、分析することが大切です。
しかし、分析にあたっては、なぜ分析を行うのか目的や戦略を明確にしておきましょう。
ソーシャルアナリティクスによって消費者動向を分析する目的は企業によって異なります。
そのため、ソーシャルアナリティクスで消費者動向を分析するには、自社の状況に応じた目的を立てておきましょう。

4. 情報を他のデータやツールと連携する

最後のポイントが、情報を他のデータやツールと連携することです。
例えば、メールのデータや通話データといった自社データとの連携によって、収集した情報をより効果的に活用できます。
別々に情報を管理する場合であっても、連携できる仕組みづくりが必要です。 

ソーシャルアナリティクスで消費者動向を把握しよう

消費者動向とは、消費者のニーズ・トレンドを指す言葉です。
消費者動向調査は、ビジネスを進めるために欠かせません。

消費者動向調査は、リサーチ会社へ依頼することが可能です。
また、SNSをはじめとしたインターネット上の情報を収集するソーシャルアナリティクスによって、自社で分析することもできます。

Quid Monitor(旧NetBase)はSNSの情報を分析するのに特化したツールです。
大量に集めた情報を複数の機能を用いることで、さまざまな角度から分析できます。
また、定量的な情報だけでなく、怒りや悲しみ、驚きといった定性的な感情なども分析が可能です。
InstagramやFacebookなど、さまざまなSNSの豊富なデータソースに対応しているため、ターゲットに応じたソーシャルアナリティクスを実施できます。

Quid Monitor(旧NetBase)の詳細・資料ダウンロードはこちら
現在、関連する記事はありません

お問合せ

導入のご相談やご質問など、
以下よりお気軽にお問合せください。